パチスロラボ

パチスロの勝つための正攻法を余すこと無くお届け!

目指せ目押しマスター!

   

僕は当初、目押しが全くできませんでしたが、今となっては余裕です。と言うとまぁ、語弊はあるかもしれませんw今回は目押しのコツについてお伝えします。

タイミング押し

imjuggler00

上記の画像はアイムジャグラーのリール配列です。リールは上から下に回転します。画像でも一緒です。左リールにチェリーを狙う場合は、黒のBAR付近にチェリーがあることに注目します。

そして、ボーナス図柄である7は後ろが光っているため、通り過ぎた時に赤く光るのでわかりやすいです。他にも、BARや7の図柄は大きいですよね。つまり端を見ていれば7とBARの大きい図柄は通りすぎた事に気づくはずです。

このリールの目押しで、一番やりやすいリールは1番右です。7とBARが固まって一つしかありませんね。

一番右のリールだけを凝視して、リール1回転の周期を体に馴染ませます。通り過ぎるタイミング、リズムを取り、ポン(1周目)、ポン(2周目)、ポン(3周目)そのタイミングで4周目を狙ってボタンを押すような練習を繰り返せば、目押しはできるようになるはずです。

これは俗にいう『タイミング押し』というやつです。

僕、実はこのジャグラーの目押しが苦手でした。左リールと中リールに大きな図柄がたくさんあるのでタイミングが取れなくなるんです。そんな僕が編み出した方法は、7が通り過ぎたらリールから目をそらし、次の周をタイミングで狙う方法です。

かなり昔ですが、ジャグラーの島で目押しを頼まれ、失敗をしました。おばちゃんはものすごい形相で僕を睨んでいた事、今でも覚えています(何回か睨まれましたw)。 『そんな睨むなら自分でやれや』と思うわけですw

ビタ押し

台によってはボーナス中にビタ押しだったり2コマ押しをすると獲得枚数が増えるものがあります。今はあまりみないかな。。クレアの秘宝伝だったり、ドンちゃん系にはあった気がします。

最初に述べたタイミング押しとは違い、かなり難易度が上がります。 ”狙った所でビタっと止める”だとか、1コマしか滑らない、という状態です。

僕は2コマ目おしならそれなりにできますがビタ押しは無理です。。成功率は以前測った時に60%くらいでした。。成功すると気持ちいいんですけどねw

なので2コマ目押しのコツはお伝え出来ます。

コツはズバリ半コマ上(止まるリールの間)を狙う事です。図柄と図柄の間を狙うといったほうがしっくりくるかな。これもタイミングをしっかり取った上でやる必要があります。

今や使う機会は少ないですが、もし機会があったら参考にしてください。メーカーによっても感覚は異なってきますので、自分で微調整をして練習すると良いです。

その他

リールの回転に合わせて目を上から下に動かし、回転速度と視線の速度が一致すれば図柄がくっきり見えます。そしてその先を極めた者には、全ての図柄がずっと見えるという”直視”ができるようになります。が、正直言ってこれは才能のような気もします。僕はできません(図柄を一瞬だけくっきり見ることはできます)。

今のスロットにおいて、全ての図柄が常時見える必要はほぼありません。昔であれば、それができるかどうかが出玉にかなりの影響を与えていました。

そしてその”直視”ができる人はリールを見ている間は常に眼球が上下に小刻みに動きます。本人談によると目がとても疲れちゃうらしい。”見えてしまう”といった状態です。

これもこれで困ったものですが、直視のオンオフ切り替えってのはやろうと思えばできると勝手に思っています。

練習におすすめの場所

ゲーセンがおすすめです。ゆったりスロットと向き合える場所がいいですね。ホールでは恥ずかしい思いをせざるを得ません。

まとめ

他人よがりでいつまでもやってもらおうとすれば、一生目押しができません。そして、自分で目押しができないことはかなりの痛手となります。小役を取りこぼせば時給が下がりますし、人を待つ時間も無駄です。

タイミング押しは練習次第でできるはずですので、諦めずにコツコツ練習しましょう!諦めたら成功は待っていませんよ!

 - 初級編